産業用AIシステムについて|クオンテクノロジーズ株式会社

AIでビジネスに革命を|クオンテクノロジーズ株式会社
TOPABOUT AIPRODUCTSFLOWCOMPANYCONTACT

今までの業務システムは、データを入力(蓄積)し、それを必要な形式にアウトプットするという、
紙の台帳や帳簿を電子化して省力化するという機能に限定されていました。

小売業の例(今までのシステム)

仕入伝票をシステムに入力すると、在庫数が増えると同時に仕入先ごとに買掛金が計上される。
商品が売れてシステムに入力すると、在庫数が減り、売掛台帳が更新されて請求書が発行される。
また、売上日計表が作成できたりアイテムごとの売り上げ金額が集計できる。

小売業の例


一方AIシステムは、人間が、システムに蓄えられているデータ(出力された帳票等)を見て、
分析して、行動していた業務までを自動で行えるようになります。

小売業の例(AIシステム)

売れ行きや傾向を判断して、重点仕入(重点販売)するべきアイテムを自動で提示する。
売れ筋死に筋を判断し、アイテムごとの最適在庫数量を自動計算する。
リードタイムや仕入れ価格や発注ロット数が異なる条件で、同じ商品の仕入先が複数ある場合、
在庫を切らさずに最も平均仕入れ価格が安くなる仕入先と発注個数を自動計算する。

小売業のAIシステム


このように、AIシステムは各種の条件と蓄積されたデータから導き出される人間では
気づかなかった傾向を数式化し、高精度で解を出すという特徴があります。
経験豊富な人間にしかできなかった判断や、膨大な条件を勘案しながら一つずつ計算しなければ解を
出せなかったならなかったものを、圧倒的なスピードで処理し、大幅な生産性の向上が実現します。